県漁連 研修会

下呂総合庁舎で岐阜県漁連主催の渓流魚増殖担当者研修会が行われました

国立研究開発法人 水産研究・教育機構 中央水産研究所 内水面研究センター 資源増殖グループ 研究員 宮本幸太さんが 渓流魚の放流に関する報告をしていただきました

放流した渓流魚がなぜいなくなるんだろう?という素朴な疑問。
それは、捕食されるから(鳥、イワナなど)
目からうろこの研修会でした

また、岐阜県水産研究所の岸さんの発表もありました
まだ研究途中だそうですが来年にはまとまりそうだそうです

研修

Posted by gyokyo